2011年02月28日

社員全員が内部監査員

先週末、内部監査員研修を実施してきました。
お伺いしたのは化学材料を製造されている企業でISO9001の認証取得をされたのは6〜7年前。こちらの会社では社員のほぼ全員が内部監査員教育を受けられ、監査に参加されている。私もこちらの会社で過去3回以上、内部監査員研修をさせていただいている。
社員全員が内部監査員教育を受けることのメリットはいくつか挙げられるが、何より一番は全員がISOについての基礎知識を得られることであると思う。ISO9001で言えば品質マネジメントシステムを運用する中で色々なルールがあり、実行しなければならない。「なぜ、それをしないといけないか?」ISOに関わる推進メンバーの人は理解していても、一般社員の方は理解のないまま従っているだけ、そんな悩みをよく耳にする。
社員全員が内部監査員ができるだけの知識や技術を備えれていれば、システム運用も楽であるし、社員全員の意思統一も早い。

研修風景をアップしました。
posted by ISO支援ネット at 13:33| 内部監査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

ISOはどんな会社でも取得できるか

先日、システム開発をされている会社の方と交流があり、そこで「ISOはどんな会社でも取得できるのですか」と尋ねられた。「どんな企業様でも私にお任せください」と即答。ISOは9001、14001、27001等々、「自社のルール作りをすれば取得できるんですよ」と補足した。なのでそんなに難しく考えることはないのだが、これまで私がISO取得のお手伝いした会社の方でも、準備当初は「ウチの会社じゃまだ無理なんじゃないか」と言われる方や、本当に取得できるのかと不安を抱かれている方も多くいたことを思い出す。(←無理なく取得されました)

「ISOを取得すると、文書が増えたり、管理の手間がかかったりで大変だ」という悪い印象があることも事実で、近所の会社の悪い噂を聞いては、ISOに対して否定的になったり、頭でっかちに考えられている方も多い。とても残念なことだ。

ISOは自社のルールづくりをして、ルールどおりに仕事をすることで認証取得ができる。負担のかかる重たいルールづくりをしても良いし、仕事に負担のないシンプルなルールづくりをして取得することも自由にできる。これは取得される企業次第なのだが(コンサルタント次第かもしれない)、ISOに対する悪い評判が多いように、ルールづくりに失敗している企業が多いのかもしれない。

なので、今後、ISOに対する悪い評判を聞いた時は、その会社はルールづくりに失敗したんだなぁと思っていただきたい。
シンプルなシステムづくりをしている会社も多くあるので。


当社のホームページISO支援ネット


ISOに関するご質問がある方はお問合せください。

ラベル:ISO 認証取得
posted by ISO支援ネット at 13:55| よくある質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。