2012年09月06日

ISO9001内部監査員養成研修を実施された企業様のご感想 石川県編

先日、石川県の企業でISO9001内部監査員養成研修を実施させていただきました。

弊社の内部監査員養成研修の通常カリキュラムは研修時間が11時間で1.5日の時間を割いていただくのが標準コースなのですが、今回の企業様はどうしても時間が取れないということで、短縮1日コースで養成研修を実施させていただきました。

pic_26_kenshu210.jpg

1日コースの内部監査員養成研修は標準コースと比べて時間が短いので、その分ペースが早く、受講される方も大変なのですが、今回、参加いただいた受講者の方からは研修中に積極的に質問などもいただき、活気ある研修となりました。

毎回恒例の研修最後の演習では、内部監査員としていくつかのケース(状況)に遭遇したとき、どのようなことを監査するか、確認事項と関連するISO9001要求事項の条項番号をあげていただくのですが、その演習では、受講者全員がISO9001規格本をスラスラとめくり、該当する要求事項のページを開かれていたので、その様子を見てある一定の研修成果があったと実感できました。

内部監査は業務中の限られた時間で実施するので、その中でできるだけ多くのことを確認することが望まれます。そのためには内部監査員となる方がどれだけISO9001の要求事項を把握しているかが鍵になります。

今回の研修もそうですが、内部監査員養成研修を開始する際に受講者の方に毎回申し上げることですが、研修終了時のゴールとして、ISO9001規格のどこにどんな要求事項が記載されているか、素早く開けられるようになることを1つの目標としてほしいと受講者の方に伝えています。

今回の研修でも全員の方が目標に到達されているようでした。ISOの内部監査員養成研修を全国の企業様で実施させていただいていますが、毎回、研修最後の演習で受講者の方がISO9001規格の本をペラペラとめくって演習に取組んでいる姿を見るのは、講師としてとても嬉しい瞬間です。


今回の石川県の研修ではもう1つ嬉しいことがありました。
石川県の研修を終えて数日後、この企業で研修を企画された品質保証担当の幹事様よりメールをいただきました。その中には「これまで内部監査員養成研修を開催して、わかりやすかったという実感を得ることができませんでしたが、今回は受講者より分かりやすく丁寧に教えてもらったという感想があり、貴社に依頼して良かったです」というようなお褒めの言葉がありました。お褒めの言葉は何度もらっても嬉しいものです。しかも今回は「過去の研修と比較したうえでも良かった」ということで、内部監査員養成研修を提供している会社は弊社を含めていくつかありますが、他社と比較しても良かったというリアルな評価をいただけ、このうえない喜びでした。

これを励みに、さらにより良い内部監査員養成研修を提供できるよう全社をあげて取組んでいきたいと思います。


弊社のISO9001内部監査員養成研修の詳しい情報はホームページでご覧いただけます。研修風景の写真なども掲載していますので合わせてご覧ください。

ISO9001内部監査員養成研修


以上です。
posted by ISO支援ネット at 17:29 | TrackBack(0) | 内部監査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。