2010年10月29日

老人ホームとISO9001

現在、特別養護老人ホームでISO9001認証取得のコンサルティングをしている。サービス業のコンサルをさせていただくときはいつも感じることであるが、ISO9001はもともと製造業向けの規格がベースとなっているため、サービス業の方々は規格の解釈の時点で少し戸惑うところがあり、やや不利である。例えば、「製品の保存」という要求だが、老人ホームで働いている方がこの製品の保存の規格要求を読んでも一度ではピンとこない人がほとんどだろう。規格が要求する意図や実際の仕事に合わせて解説することで、徐々に理解していただけるようになる。通訳する人がいないと理解に苦しむところがある。そんな意味で不利である。

roujinhome.jpg


しかし、そんな不利な状況であっても規格の意図を段々掴めるようになっていくと、この規格はよく出来ていると皆さん最後には感心されるので面白い。私もいろんな業種でコンサルタントをする度に感心させられている。品質マネジメントシステムは業種業態、その規模を問わず採用できるシステムとして考え作られている。世界中の頭の良い人たちが集まり時間をかけて一生懸命作ったのだろう。ISO9001の要求事項には世界中のお客さんの声がつまっている。


高齢者介護施設でのISO9001取得を考える

ISO9001、ISO14001の認証取得に関する当社のホームページISO支援ネット



以上、長谷川 順でした。

posted by ISO支援ネット at 11:30| ISO9001 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。