2011年11月28日

社員が全員参加のマネジメントレビューに立会いました。

先日、ISO9001の認証取得を目指されている会社のマネジメントレビューに出席してきました。こちらの会社は私が認証取得のコンサルティングを担当している会社で、マネジメントシステムの運用も数ヶ月の実績ができ、後はマネジメントレビューを実施して、審査を受けるだけというところまで来ていました。

このブログでもマネジメントレビューの話題が出る度に言っていますが、マネジメントレビューはシステム運用の総括で、システム運用の実績を評価して、これからのシステム運用が更に良くするための改善の機会です。


mr.jpg

このマネジメントレビューのやり方は企業の自由です。
こちらの会社の社長にも、色々なレビューのやり方があることを一通り説明させていただくと、社長はマネジメントレビューを全員参加で実施すると言われました。これまで社員全員が集まる全体会議のようなものをしてこなかったので、ISO取得を機会にマネジメントレビューは正社員全員が参加して実施しようということになりました。こちらの会社の社員数はパートや派遣の方を除いて正社員20名弱です。


社員全員でマネジメントレビューを行おうとされる社長の主な趣旨は、社員全員が集まって会社の情報を共有することと、社員1人1人に会社や仕事に対する考えを発言してもらいたいという2点でした。

早速、社長とマネジメントレビューのプログラムの打合せをしました。規格要求事項となっているインプット項目(評価項目)を漏らさないようにすることと、社長が社員にどんなことを発言してもらいたいか、また、社員の方々がどんなことであれば発言し易いかなどを考えながら、マネジメントレビューのプログラムを作成していただきました。

また、プログラムとは別に、社員の方の中には、人が集まるな中で発言をすることに慣れていない方もいらっしゃるので、あらかじめ発言する項目を書きいれられるフォームを会社側で作成し、社員が事前にフォームの項目を埋めることで発言内容がまとめられるように段取りをしました。

社員を含め、マネジメントレビューで発言や発表をされる人には、レビューの前日までに資料を提出してもらうようにして、レビュー当日にはプロジェクターで資料を投影しながらプログラムを進めることにしました。


レビュー当日、全員が一同に会してマネジメントレビューが始まりました。各部門の品質目標の進捗状況や、内部監査の実施結果、製品不良やクレームに関する情報、顧客満足度調査の結果、仕入先の評価結果など、規格要求事項となっているインプット情報が次々と発表され、プログラムの最後に社員の方がお1人ずつ、事前に与えられていた項目について、ご自分なりにまとめられた内容を発表されました。その発表項目の1つに、会社への要望というテーマがありました。社長は社員の方々の要望に対して、その都度、回答をされました。社長の回答のほとんどが、一度、その要望が会社として実現できるのか、関係する社員の名前を挙げて、検討または実現のための計画を策定するよう指示されました。

全ての要望が実現に至るか、この時点では分かりませんでしたが、社長が社員の方々の要望を前向きに受け止められるスタンスは清々しく、
社員の方も自分の提案が受け入れられ認められたことに満足されたのではないでしょうか。今後、実際に提案が実現していくことになれば、社員の方は達成感を味わい、また責任感も芽生えていくことが想像できます。


今回は社長の提案で珍しいマネジメントレビューとなりましたが、形式的ではなく実質的で充実したレビューであったと感じました。全員参加のマネジメントレビュー、これはどこの会社にもお手本となるようなレビューでした。

posted by ISO支援ネット at 18:55 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック