2012年04月02日

何でも学びに変化させる、学びの技術

十人十色という言葉は人だけに限らず、企業においても組織が変われば風土や雰囲気が異なり、1つとして同じ会社はないように思います。仕事がら様々な業種に訪問させていただくことがあるのですが、業種が変わると、その変化は一段と濃くなり、世の中には色んな組織の在り方があり、色んな企業で組織運営の方法の参考にさせていただいています。

企業によって言葉の違いがあるのも面白いと感じる1つです。
先日、高齢者介護施設でISO9001の内部監査員研修をさせていただいた際、研修の中の話の流れで5Sの話をさせていただいたのですが、そちらの介護施設では普段の仕事で5Sという言葉を使わないようで、受講者のほとんどの方が5Sという言葉を知りませんでした。5Sは一般的な企業用語かと思っていたので少し驚きました。ただ5Sを知らないからと言って、整理整頓などが出来ていないということは全くなく、そちらの介護施設は業種がら当然かもしれませんが、非常にきれいで整った職場でした。わざわざ5Sを掲げて職場の整理整頓等を促す必要もないのかもしれません。(注:5S運動をしている介護施設もあります)


地域の商工会議所などでも異業種交流会と銘打った会合が開催されています。色々な目的があって開催されているのでしょうが、普段、なかなか交流のない異なる組織の人たちから、仕事のやり方や考えを聞くことは、とても参考になり、また刺激になることが多くあります。ときどき参加させていただくと、大なり小なり、気づきやアイディアをいただけるので、とても有難い機会だと思っています。

先日、プロ野球関係の方のお話を聞く中で、野球は優秀な打者でも7割は失敗(=7割は凡打)する世界。その失敗の中から何を得ることができるかによって、その選手の野球人生が決まる。という話を聞きました。その話を聞き、イチロー選手は毎試合後に自分の全打席を振返っているということを思い出しました。

どんなことも学びに変化させる。良く遊ぶ人は良く仕事をする。そんなことも通ずることかもしれません。



posted by ISO支援ネット at 12:54 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。