2012年09月06日

ISO9001内部監査員養成研修を実施された企業様のご感想 石川県編

先日、石川県の企業でISO9001内部監査員養成研修を実施させていただきました。

弊社の内部監査員養成研修の通常カリキュラムは研修時間が11時間で1.5日の時間を割いていただくのが標準コースなのですが、今回の企業様はどうしても時間が取れないということで、短縮1日コースで養成研修を実施させていただきました。

pic_26_kenshu210.jpg

1日コースの内部監査員養成研修は標準コースと比べて時間が短いので、その分ペースが早く、受講される方も大変なのですが、今回、参加いただいた受講者の方からは研修中に積極的に質問などもいただき、活気ある研修となりました。

毎回恒例の研修最後の演習では、内部監査員としていくつかのケース(状況)に遭遇したとき、どのようなことを監査するか、確認事項と関連するISO9001要求事項の条項番号をあげていただくのですが、その演習では、受講者全員がISO9001規格本をスラスラとめくり、該当する要求事項のページを開かれていたので、その様子を見てある一定の研修成果があったと実感できました。

内部監査は業務中の限られた時間で実施するので、その中でできるだけ多くのことを確認することが望まれます。そのためには内部監査員となる方がどれだけISO9001の要求事項を把握しているかが鍵になります。

今回の研修もそうですが、内部監査員養成研修を開始する際に受講者の方に毎回申し上げることですが、研修終了時のゴールとして、ISO9001規格のどこにどんな要求事項が記載されているか、素早く開けられるようになることを1つの目標としてほしいと受講者の方に伝えています。

今回の研修でも全員の方が目標に到達されているようでした。ISOの内部監査員養成研修を全国の企業様で実施させていただいていますが、毎回、研修最後の演習で受講者の方がISO9001規格の本をペラペラとめくって演習に取組んでいる姿を見るのは、講師としてとても嬉しい瞬間です。


今回の石川県の研修ではもう1つ嬉しいことがありました。
石川県の研修を終えて数日後、この企業で研修を企画された品質保証担当の幹事様よりメールをいただきました。その中には「これまで内部監査員養成研修を開催して、わかりやすかったという実感を得ることができませんでしたが、今回は受講者より分かりやすく丁寧に教えてもらったという感想があり、貴社に依頼して良かったです」というようなお褒めの言葉がありました。お褒めの言葉は何度もらっても嬉しいものです。しかも今回は「過去の研修と比較したうえでも良かった」ということで、内部監査員養成研修を提供している会社は弊社を含めていくつかありますが、他社と比較しても良かったというリアルな評価をいただけ、このうえない喜びでした。

これを励みに、さらにより良い内部監査員養成研修を提供できるよう全社をあげて取組んでいきたいと思います。


弊社のISO9001内部監査員養成研修の詳しい情報はホームページでご覧いただけます。研修風景の写真なども掲載していますので合わせてご覧ください。

ISO9001内部監査員養成研修


以上です。
posted by ISO支援ネット at 17:29 | TrackBack(0) | 内部監査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

東北の企業に仙台から内部監査員養成研修の講師を派遣

今回は東北方面、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島の企業様にISO内部監査員研修のご案内です。

研修内容や料金の詳細はホームページをご覧ください。内部監査員研修のご案内ページ

ISO支援ネットは、全国の企業に内部監査員研修の講師を派遣して、各企業様の実情に合わせた実践的な研修を提供しています。実情に合わせた研修の中身は、講師が企業様の業種に合わせた規格解説や、演習は企業様の実在部門を想定した文書作成から監査実技まで行い、集合研修では体験できない研修内容です。受講者の方は、研修の中で自社の監査を体験できるため、研修後にスムーズに内部監査員として監査をを実施していただくことができます。

kenshu01.jpgcustomer26.jpg

充実した研修内容に加えて、講師の派遣料は青森、岩手、秋田、宮城、福島の各企業様の場合、仙台駅を起点に貴社までの交通費と1泊分の宿泊費を請求致しますので、経済的な負担も少なく研修を実施していただくことが可能です。


料金や研修概要について、詳しくは内部監査員研修のご案内をご覧ください。


ISO支援ネットは、全国14か所の主要駅を起点に講師を派遣する国内唯一のISO支援会社です。

ISO支援ネットは株式会社ウイズダムマネジメントがISO認証取得コンサルティングの中で提供していた研修メニューで、認証取得を目指す企業の社員が、規格の勉強と監査技術を習得し、研修後すぐに自社の内部監査を実施できるように構成されたカリキュラムのため、即戦力の内部監査員を養成する研修として好評です。

東北の企業様のご依頼をお待ちしております。

posted by ISO支援ネット at 20:21 | TrackBack(0) | 内部監査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

福岡、熊本、鹿児島、長崎にて内部監査員研修を開催します

ISO支援ネットを運営するウイズダムマネジメントでは、ISO9001、ISO14001、ISO27001の内部監査員研修を全国で行っております。研修は講師を事業所に派遣する講師派遣型で、実践的で即戦力を養成する内部監査員研修を実現しています。

講師の出張費用について、研修料金の他に、講師の交通費と宿泊の費用を頂戴しておりますが、交通費につきましては、現在、東京、名古屋、大阪、博多のいずれか企業様の最寄りの駅からの交通費を算出しております。

弊社では、日頃より出来る限り企業様のご負担が少なくなるよう創意工夫をしており、この度、九州地方にて開催する内部監査員研修につきまして、九州新幹線の全線開通により、福岡、熊本、鹿児島への相互のアクセスが向上したため、九州に事業所を構えられている企業様の内部監査員研修につきましては、博多駅、熊本駅、鹿児島中央駅、加えて長崎駅のいずれか最寄りの駅を起算とした交通費請求とさせていただくことに致しました。これまでよりご負担少なくご依頼いただけるようになりました。


201110061407000.jpg


九州に事業所を構えられている企業様におかれましては、従業員の方を市街地や県外に移動させることなく、自社にて研修が実施でき、コストや移動の負担を軽減できるほか、ISO支援ネットの内部監査員研修は、企業様の実在部門を想定した監査計画から監査チェックリストの作成、作成したチェックリストを使っての監査実技など、より実践的な研修内容で、研修後にスムーズに本番監査に挑むことができる即戦力の内部監査員を養成しています。

ISO規格に初めて触れる受講者でも、研修の終わりには規格書をスラスラとめくり、監査を実施していただけるようになります。是非、ご検討いただき、ご不明な点はお気軽にお問合せください。

なお、交通費の他に講師の宿泊費用を頂戴しております。必要な全ての費用を含んだお見積書を発行致します。
詳細は各ホームページをご覧ください。


[福岡]福岡県内に研修講師を派遣します。福岡の内部監査員研修

[熊本]熊本県で内部監査員研修を実施します

[鹿児島]鹿児島県の事業所で内部監査員研修を実施します

[長崎]長崎県にて内部監査員研修を実施します


[総合案内]内部監査員研修のプログラム・詳細


お申込みをお待ちしております。

posted by ISO支援ネット at 14:50 | TrackBack(0) | 内部監査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

内部監査を上手く運用するには。神奈川県で内部監査員研修を実施

9月の話になりますが、神奈川県で内部監査員研修を実施してきました。

神奈川の茅ヶ崎市にある金属メーカーからISO9001の内部監査員養成研修のご依頼をいただき、講師として行って参りました。この企業で内部監査員研修をさせていただくのは今回で3回目。リピートのご依頼をいただけるのは大変有難い。

今回は通常の養成研修に合わせて、既に内部監査を担当されている方々へのスキルアップ研修も同時にご依頼いただき、2つの研修の講師を務めさせていただいた。

201109281044000.jpg


スキルアップ研修については、あまりホームページなどでは案内していないのですが、企業側からのご依頼で開催させていただくことが多い。ISOを取得して数年経つと、内部監査が形骸化するといのはよく聞く話ですが、企業内でそれが問題視され課題化され、スキルアップ研修が必要であるという考えに至る企業はまだまだISOに対する運用意識が高い企業だと思う。


内部監査員研修を実施させていただく際に受講者の方に必ずお伝えしているのは、内部監査員はトップマネジメントの代理、つまり社長の代理として内部監査をしているということ。監査員の方が社長に代わって被監査部門を監査して指摘や改善提案をすることで会社が段々よくなる。それが内部監査の本来の姿である。

一社員の方々が効果的な監査をするというのは難しいことでもあるが、私の周りでは、実質的で有効な内部監査を実践している企業がいくつもある。それらの会社には特別な事情はない。いずれの会社も真面目に根気よく内部監査に取組んでいらっしゃる。

良い内部監査を続けていくということについて、私のこれまでの経験から言えることは、内部監査員の方々が内部監査の思想や目的をしっかり理解すること、それから最初からオーバーペースで監査しないことだ。

何をやるにも最初からは上手くいかないものだ。だんだん良い監査をして行こうというぐらいの気持ちで、内部監査に取組み、繰り返して行く内に良い監査ができるようになってくる。ISO9001の考えでもある継続的改善、だんだん良くして行くという気持ちが大切であると思う。


私が内部監査員研修の講師をさせていただくときも、受講者の方にいきなり高度なことを要求しないようにしている。まずはしっかりISOや内部監の仕組みや目的を理解していただき、演習などを通じて監査が行える知識と技術をもち、そして内部監査に臨む心構えを整えていただくように努めている。


この神奈川の企業も有効な内部監査を実践されようと色々取組んでいらっしゃるようで、今後も異なる研修や力量アップの機会を計画されているとのこと。目的に向かって根気良く継続して取組まれる会社は何かしら良い成果を得られる。いくつもの会社がそれを実証している。



余談ですが、今回の研修中に台風が関東に上陸し、神奈川でもすごい暴風でした。敷地の広い会社でしたが傘は役に立たず、雨風に打たれるまま場内を歩いて帰りました。思いで深い研修となりました。


神奈川で内部監査員研修を開催しています。
当社、ISO支援ネットのホームページ

posted by ISO支援ネット at 13:56 | TrackBack(0) | 内部監査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

社員全員が内部監査員

先週末、内部監査員研修を実施してきました。
お伺いしたのは化学材料を製造されている企業でISO9001の認証取得をされたのは6〜7年前。こちらの会社では社員のほぼ全員が内部監査員教育を受けられ、監査に参加されている。私もこちらの会社で過去3回以上、内部監査員研修をさせていただいている。
社員全員が内部監査員教育を受けることのメリットはいくつか挙げられるが、何より一番は全員がISOについての基礎知識を得られることであると思う。ISO9001で言えば品質マネジメントシステムを運用する中で色々なルールがあり、実行しなければならない。「なぜ、それをしないといけないか?」ISOに関わる推進メンバーの人は理解していても、一般社員の方は理解のないまま従っているだけ、そんな悩みをよく耳にする。
社員全員が内部監査員ができるだけの知識や技術を備えれていれば、システム運用も楽であるし、社員全員の意思統一も早い。

研修風景をアップしました。
posted by ISO支援ネット at 13:33| 内部監査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。