2012年06月24日

警備会社でISO9001規格解説研修を実施しました。

先日、関東にある警備会社からISO9001の規格解説の研修を開催してほしいとのご依頼があり行って参りました。インターネットを通じて数社のコンサルティング会社に研修の声をかけられたようですが、当社の研修内容を評価いただき契約に至りました。誠に有難いことです。

こちらの警備会社では既にISO9001を取得して数年経過されていましたが、品質管理責任者が交代されたのを機に、新たに全社でISO規格を勉強してマネジメントシステムの運用を強めようとされているところのご依頼でした。

警備会社は一般に工事現場の交通整理や、施設管理、イベント開催時の誘導など警備業務を提供するサービス業です。ISO9001との関わりは薄い業界のように感じられる方も多いと思いますが、駐車違反の取締業務など警察署から請負って行う駐車監視員など、公共の警備業務の入札に参加するためにはISO9001取得が条件となっているケースもあり、ISO9001を取得している警備会社は多くあります。

こちらの警備会社も当初のISO取得意図は入札参加という目的があったようですが、現在は運用面を強めて組織強化につなげたいというご意向があるようでした。

image1206.jpg

当の研修ですが、規格解説研修だからと言って、規格の話をそのまましていてもつまらないものです。品質マネジメントシステムの目的である、「顧客満足」と「継続的改善」という意図に共感していただき、通常業務に戻ったとき、顧客の満足度や会社を改善することを意識していただければという思いで講義をさせていただきました。

特に警備会社における品質マネジメントシステムとは何か、サービス品質とは何か、警備品質とはという話を軸に顧客がどのような警備品質を求めているのか、警備業務における顧客満足とはどのようなことか、受講されている方と一緒に考えながら研修をすすめました。

研修をしている中で、受講者の方から、警備会社にとって警備業務を発注するお客様は施設会社であったり、イベント主催者であったりするが、実際の警備業務において警備員が触れ合うのは、施設に買い物に来ている方であったり、路上を歩いている一般歩行者であったりする、だから、その方々の満足度を高めることも重要ではないのかという提起がなされました。警備会社における顧客及び顧客満足とはいったい何か、そんな議論が交わされる一面もあり、一方通行の講義ではなく、受講者の方々が自分自身でISOが何たるかを考えていただく機会になったのではないかと思います。


ISO9001はあらゆる業種に対応する規格となっていますがが、もともとは製造業向けの規格であったため、規格要求事項を理解する際にサービス業や警備会社の方は規格の理解に苦しむところも少なくありません。出来る限り警備業に近い立場でお話をさせていただきましたが、どこまで実態に沿った話ができたか心配でした。しかしながら、研修終了後に研修幹事の方から、「警備業に関わりがあるのですか?いろいろ警備のことをご存知のようなので」と有難いお声をかけていただき、ある一定のご期待には応えられたのかと安心しました。

これまでサービス業も含めて様々な業種のISOコンサルティングや内部監査員研修をさせていただいていますが、ものづくりをする製造業もサービス業も、顧客満足や継続的改善の視点に立つと、企業の本質は一緒であると常に感じます。業種の違いは何を提供するかの違いであり、品質や管理、顧客満足といったことに業種の隔たりはありません。

posted by ISO支援ネット at 09:24 | TrackBack(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

内部監査員研修の講師を募集 ISO審査員資格を有する方

ただいま当社では内部監査員研修の講師をしていただける方を募集しています。

当社ではISO内部監査員を養成する内部監査員研修を企業様のご依頼の基づき実施しています。ご依頼いただいた企業様の事業所に講師が訪問する講師派遣型です。


研修エリアは全国です。昨日も北海道の札幌の企業様より内部監査員研修のお見積依頼がありました。研修時期やどの講師が担当するかも未定ですが、冬の札幌を体験できるのも講師業ならではです。全国へ訪問するのは移動などが大変なときもありますが、その地域の風土を肌で感じるのも良い経験です。昨年は内部監査員研修で東北の企業様に訪問して、地震災害の話を聞く貴重な体験をしました。


当社では、内部監査員研修については社内研修で実施するのが効果的であると考えています。当社の研修は何よりも実践志向で研修を修了した内部監査員は即戦力になっていただきたいと考えているからです。

当社の研修プログラムにある演習では、訪問した企業の実在部門を被監査部門に設定して、受講者の方々には実際の監査を想定して、監査計画、チェックリストを作成していただき、それを基に実在部門の監査模擬を体験していただきます。この実践的な演習は講師派遣型でしか実現できません。受講者の方もより現実的な監査を体験できるために、ISOや監査に対する理解が早いようです。


ただいま当社では、東京、大阪を起点に全国の企業様より内部監査員研修のご依頼を承っておりますが、より効率的に全国の企業様に研修サービスを提供できるよう内部監査員研修の講師を全国から募集しています。

応募資格はいくつかありますが、ISO9001、14001、27001の監査員資格を有している方で、且つ、ISO審査員若しくはISOコンサルタントのご経験がある方を北海道、東北から九州、沖縄まで全国より募集しています。

講師は非常勤の登録制です。ご興味のある方は、下記のホームページに募集案内を掲載しています。

内部監査員研修講師の求人案内

ご応募をお待ちしております。

posted by ISO支援ネット at 10:21 | TrackBack(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

大阪の企業で内部監査員研修を実施しました。

先日、大阪の樹脂加工会社から内部監査員研修のご依頼をいただき、講師を務めてきました。
ISO9001(品質規格)やISO14001(環境規格)を取得している会社は定期的(年1回以上)に自社が国際規格を満たしているか否か、また、それらに効果があるか否か自分たちで監査をすることになっています。

image00.jpg

内部監査は自分たちで自分たちの仕事や活動を監査するので、監査を担当する監査員はISO規格の知識や監査技術を身につけていなければなりません。そのため内部監査員になる方々は必ず内部監査員研修などのトレーニングを受けることになっています。今回、ご依頼いただいた会社は数年前にISO9001を取得されている会社で、既に社内に内部監査員が10名ほどいらっしゃいますが、新たに10名の社員の方々が内部監査員になるべく研修に参加されました。

こちらの会社では内部監査員の人数が不足しているという訳ではありません。内部監査員となる社員がISOを一番勉強し理解しているので、会社としては多くの社員にISOの勉強をしてもらい、社内のISO運用状態を高めようというのが今回の研修の大きな狙いです。別のある企業では、社員全員が内部監査員になることを目指している会社もあるくらいです。

当社 ウイズダムマネジメントが行う内部監査員研修は1日半(11時間)を要するプログラムで、ISO規格と監査技法を学び、実際に監査の模擬を体験していただきます。
研修前にはISO規格の中身を知らなかった人たちも、研修終わりには規格本をスラスラとめくり内部監査を実施できるようになるので、その変わり様にはいつも驚かされます。

内部監査員は経営者の代理となって、独立した客観的な視点で監査をしなければなりません。内部監査員が各部門に対して指摘や改善要求を行うことで管理体制が改善され、これを継続していくことで会社全体がだんだん良くなっていくのが内部監査の一番の利点です。事実、内部監査を前向きに取組んでいる会社では内部監査を重ねる度に会社全体が底上げされています。



スケジュールを選べる大阪の内部監査員研修
大阪の企業様に身につく実践的な内部監査員研修を提供しています。
posted by ISO支援ネット at 20:05 | TrackBack(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

姫路市で内部監査員研修を実施してきました。

先週末の金曜から土曜にかけて兵庫県姫路市で内部監査員養成研修をしてきました。

姫路市にあるメーカーから、ISOの内部監査員研修のご依頼をいただきました。こちらの会社はISO9001と14001の両方の規格の認証を取得されており、今回は品質と環境の両方の規格に関する内部監査員研修を同時にしてきました。受講者は7名。1つの規格の内部監査員研修なら、通常、1日半の11時間で実施するところ、2つの規格の同時研修なので丸々2日間を使って内部監査員研修を実施させていただきました。

品質と環境の2つの規格は似通っているところが幾つもあるので、一度の研修で2つの規格を比較しながらお話をするのは効率が良いところもありますが、場面によっては品質と環境と頭の切り替えが必要なところもあるので、研修を受講されている方々は1度に2つの規格を理解するのは大変だったと思います。出来るだけ分かりやすくという思いで研修を進めさせていただきました。

DSC01791.JPG
上の写真は、自分たちで作成したチェックリストに基づいて内部監査の模擬(ロールプレイング)をしている様子。




今回の研修は受講者の皆さんが前向きに参加いただき、社内研修ということもあってリラックスしながら、ときどき笑いもあって雰囲気の良い研修でした。当社でさせていただく内部監査員研修は、ご依頼いただいた会社の実在部署を被監査部署に設定して、監査計画からチェックリストの作成、監査模擬、報告書作成などをするので、その辺では皆さん非常にスムーズにご理解いただけるようです。

研修で毎回お伝えすることですが、内部監査はマネジメントシステムにおける改善の機会の要です。内部監査員の方々が指摘や改善を促すことで会社が良くなる。責任ある役割ですが、自分の会社を自分たちで良くすることは、結果、自分のためであることを理解して、今後、内部監査に前向きに取組んでいただければと願うばかりです。



今日は、大阪の製造メーカーにてマネジメントレビューに立合う予定。週末は大阪市内の会社で内部監査員養成研修をさせていただく予定です。


兵庫県姫路市にて実績のあるISO支援ネット
姫路でISOコンサル、ISO研修を提供いたします。

posted by ISO支援ネット at 10:23 | TrackBack(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

福島県で内部監査員研修を実施してきました。

福島県の工業製品メーカーからISO9001の内部監査員研修のご依頼をいただき、研修を実施してきました。この9月に私が内部監査員研修を担当させていただくのは4社目。

福島県といえば東日本大震災の被災県のひとつ。研修のご依頼をいただいた当初、この時期に福島県の企業で内部監査員研修が本当に実施されるのか疑問に感じましたが、実際にお伺いして疑問はすぐに解消されました。お伺いした企業も地震発生直後は、地震による被害で数日間は工場の稼動を停止されていたそうですが、すぐに復旧され、それ以後は通常通り事業を継続されているとのこと。私が見る限り、数ヶ月前に大きな地震があったとは思えないくらい平常に仕事をされていました。

201110061407000.jpg


実施させていただいた内部監査員研修ですが、皆さん前向きに受講していただき、滞りなく研修を終えることができました。内部監査員研修をさせていただくときはいつも感じることですが、受講者の方々のISOに対する理解が研修始め頃と終わりの頃では全く異なる。研修開始直後に規格の説明をしていても、受講者の方々の反応はやや鈍いのですが、研修の終盤ともなると規格本をスラスラとめくって、自分の知りたい箇所をめくり当てることができている。研修でのこの現象はいつ見ても気持ちがよく、人間は誰しも学習能力を備えていることを再認識します。皆さんの姿を見て、私も何か新しい学びを得たいと感じました。

人間は出来ないと思った時点で進歩が止まるとはよく耳にする言葉ですが、正にその通りだし、企業組織も前進することを自ら止めたとき、成長と発展が止まってしまうのだと思う。逆に言えば、前進することを止めなければ、成長発展し続けるということである。困難に遭遇したときこそ立ち止まらず前進するべきなのかもしれない。福島県の企業にお伺いし、皆さんの姿勢からそんなことを感じ、教えられる機会となった。
posted by ISO支援ネット at 23:57 | TrackBack(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。